HOMEに戻る

実録、NewPcへの道2001.9

   →Mission 2にジャンプ
ハードウエアの環境はほぼ整いました。(CD−RW,FDD,MO,マウス,プリンタ,スキャナ!!)

Mission 1 :9月17日までに新しいPC(パソコン)を入手する。
      それまでにインストールしないと無意味になってしまうCD−ROMがあるので…
取り合えず、近所の店を探してみるの巻
9月8日(土)
 新しいPCを購入しようとして、○○電気に電話した。
 『L○/○○○○○CM(本体)  &   P○○○○○2(外付けCD−RW)でいくらになります か?』
 『少々お待ち下さい…<大分待たされた>…消費税込みで19万××××円でございます。』

用事が済んで、銀行のCDで時間外料金105円を払って現金をおろして意気揚々と店に行く。

店員さんにメモを渡して…
 『これ買いたいんですけど』
 『取り寄せになりますのでお時間かかかりますが…<調べて>…本体は在庫があるので3日で入ります が、CD−RWは月曜日にメーカーさんに問い合わせないと分かりません…合計で…21万××××円です。』
 『電話で伺った時より高いですね?』
 『…<調べて>…申し訳ございません、係のものが別の機種と間違えてお見積もりしたようです。』

 ううっ、言いたかないけど電話の見積もりだって、インターネットショップや秋葉原、日本橋価格から比べ ればとても高いのよ?それを、それをプラス2万円ですってぇ…??

 『ちょっと、考えさせて下さい』

 で、往復360円かけてバスに乗って別の店へ…かなり待たされた後の結論。
 『…<6月頃の値段を示して、>…これよりは安くなっているはずです。CD−RWの値段は分かりません。今日は取引先が休みなので正確な見積 もりは月曜日になるまで分かりません。入荷は最低でも2週間かかります。
 『ええっ、』
 『お急ぎですか?』
 『はい、最低でも20日位までには必要なんです。』

 私はいつ新しいパソコンを入手できるのでしょう?

 というわけで、また新しいパソコン購入情報誌を買ってしまったし、そこに乗ってた通販のお店のWEBを 散々見ちゃって、電話代が心配だし(今月高くなってたら御免よぉ!!)。
やっぱり余りにも価格差が有るので、通販で買っちゃおうかなぁ…保証もしっかりしてそうだし…とほぼ覚 悟を決めてしまった私であった。

機種を決めるのでさえ、いろいろ思い悩んでやっとのことだったのに、アウトレットでも無い機種が かくも買いにくいなんて。やでやで。
電話で通販にトライの巻
9月10日(月)   朝、なんと公衆電話から昨日インターネットで目星を付けていた通販ショップに電話する。
 結果…『一週間後に入荷してその後発送なので10日は見ていただかないと…』

 『パソコン購入ガイド』に載っている別の通販ショップに電話…話し中で何回かけても繋がらない。

 どっひゃー、喉がからからになるほど緊張してかけていたのに、なかなか旨く行 きません。やっぱり大阪行かないとだめかな、と弱気になる私。
インターネットによるオンラインショップにトライの巻
 電話による注文は諦めて、帰宅後、いよいよインターネットによる注文にトライ…
 試行錯誤の上、次のような手順を踏むことになりました。

  1.『価格ドットコム』で、買いたいCD−RWの値段で上位 に入っているショップを探す。
  2.1位の店から順に、速く入手できそうなお店を探して行く。
  3.銀行振り込み確認後即日出荷という店を発見。
  4.Web上の指示に従い注文の手続きをする。
  5.確認メールが来る。

9月11日(火)
  6.銀行振込
9月12日(水)
  7.NewPC自宅に到着!!祝、Mission 1 完了!
今回分かったこと
 東京、大阪などの激戦区から離れているせいか、駅からアクセスの良い店でも案外高かった(本に載ってた 実勢価格+1万円以上)し、案外注文後の納期が長いものなのだな、と思いました。 本当は近所のお店で購入した方が修理の時など便利で良いのですが、CD−RWと合わせるとちょっとオン ラインショップ等とのギャップが有り過ぎる感じです。電話による見積もりミスも、された方としてはつら かったですね。
インターネットのオンラインショップは、安いところは、初期不良の場合の交換に応じなかったり、初期不 良を受け付ける日数が3日しか無かったりすることもあり、良く読んで納得した上で注文するべきです。 で、結局私は、今現在は3年とか5年の保証などは付かないけれど、納期が早くて安くて初期不良の場合の 交換を2週間受付けてもらえるという『ナニワ 電気』に申し込みました。

 もっと大事なのは、必要な時の三週間前には機種を決めて購入に向けて行動し始めることですよね (笑)。
Mission 2 :いままでのPCでやっていたことを、NewPCに移行する。
1.Windows&CD−RWを使えるようにする。
 Windowsは手引書の通りでオッケイでした。で、CD−RWはぁ…ガッチョーン、ドライバ組み込 みはFDなの?知らなかったぁ。でも、本当に単なる運でメーカーさんが今回オプションの外付けFDDを オマケに付けてくれていたので、着いたその日の内に接続完了。リカバリに使えるというCDドライブだ ったので、FDD無しでもいいかと思ってたんですよねぇ。ドライブレスのパソコンご購入の方は、お気を 付け下さい。

2.マウスを接続する。
     ペイントや、アイコンメーカで絵、図などを描くことが時々有るので、一ピクセルにこだわる私 としてはマウス必需品なんです。UBSと今利用しているものとのコンバータみたいなものがあるのかな?

【解決】 結局USBマウスの新品を購入
最寄りの大型店(見積もりト ラブルの有ったところ…でも、家電品がメインな店だか ら仕方が無い面も有るんです)に行ってケーブル類、コネクター類の並んでいるところを行ったり来たりし て見学。う〜む、PS/2のマウスをUSBに変換するコネクターは、取りあえず見当たらなかった。 USBマウスと、PS/2に変換するコネクタのセットは有ったけど。USB接続のマウスの安いもの は1600円程度。急ぎでも有るし仕方がないと購入。デバイスドライバが付いていてビックリしたけど、 インストールしなくても二つボタン&スクロール機能は使えました。…9月15日(土)

3.プリンターを接続する。
     上記と同じ。今までのプリンターをできれば利用したい…。

【解決】 EPSONのUSB変換ケーブル純正品を購入&インストール
○ 同じ店でプリンターケーブル、USB接続用というのを見つける。 販売価格で約5千円である。結局は買うことになるのでしょうがちょっと値段に驚いて今日のところは退 散(笑)、でもドライバはメーカーのHPで発見&ダウンロード…9月15日(土)

○ 数社からのUSBプリンターケーブルというのが出ていることが分かる。店員さんに「純正品と他社の物 で随分と価格差があるのですが…」と聞くと、「多分こういった純正品でないものを購入されてもうまく動 作しませんよ、買っていかれる方は多いですけど。」とのこと。 考えた末、EPSONのUSB変換ケーブル純正品を(通販で…ごめん)注文することにした。このプリンターお友 達のVちゃん様から中古を格安で譲り受けたものなのでこのケーブルの方が値段が高いような気がする。 でもプリンター君は良く働いてくれる良い子なので、どうか長持ちして欲しいものです。…9月25日(火)

○素早くも、また代金を振り込んだ翌日にUSBプリンターケーブルが届く。デバイスドライバのイン ストールは、2〜3段階くらいに別れていてやや複雑ですが、ちゃんと取扱説明書が付いているので、大丈 夫でした。動いた動いた!!…9月27日(木)
4.MOを接続する。
     これは、多分簡単なはず(期待)。今までもPCカードでSCSI(ス カジー)接続してたから。旧PCのハードディスク上にある様々な自作ツールやドキュメント類、コツコツと 集めたデータ等はこれが繋がらないと移動できないのだった。

【解決】SCSI−USB変換アダプタを購入
○ あらら、PCカードの会社のホームページにアクセスしたら、『W indowsMEや2000に対応していく予定は今後も無い』と明記。ってことは、PCカードのハード から買い直し?(泣)手持ちのメーカーのカタログによると…定価6800円かぁ(笑)…9月15日(土)。

PCカードによるSCSI接続か、いっそのことSCSI−USB変換のケーブルやコネクターを購入す るか、大いに悩む。メーカー推奨品のUSB変換セットなんて、新しいMO(これはちょっと大げさ?でも プリンターくらいなら)が買えてしまうほど高価なもの です。で、近所の電気屋さんの店員さんは“正常に動作するかどうか懐疑的”というご様子でしたが、こっ ちはちょっぴり賭けに出ることにしまして、とある会社の変換アダプタを注文しました。プリンター ケーブルとは違って、SCSIって一つの規格なわけですから一つ繋がればみんな繋がるんじゃないかって 気がしなくも無いのです。もちろんVちゃん様から譲り受けたスキャナも是非繋がって欲しい。 PCカードスロット空けておいて将来ここは通信関係で使いたいという思惑もありますし。 ええ、この買い物はとまての賭けです、道楽です!!結果は、1週間後のお楽しみ!! …9月25日(火)

○ 思いのほか早くSCSI−USB変換アダプタは代金振込み後三日目の夜到着しました。あっけない程 簡単にインストールできて、MOもスキャナも動きました!!スキャナのドライバはWindowsMe 用のものをインターネットでダウンロード。しみじみ画面を見ていたのですけど、普通のアナログ電話の ダイアルアップって転送スピードが2.1kb/秒くらいから始まってだんだん遅くなって1.7くらいに 落ちてったりするのね?ドライバは小さかったからいいけど、もう一つのユーティリテイソフトのアップグ レード用ファイルのダウンロードは途中で諦めました。その内常時接続環境が整ったりすることがあったら その時にやることにしましょう。 で、スキャナも一応動くことが確認できました。このアダプタは私の環境では 買いでした!!…9月30日(日)
5.継続して使いたいソフトウエアのインストール。
     Windows95からWindowsMeへ。う〜む、いくつ使えるのがあるのかしらん?